住宅型有料老人ホームについて

有料老人ホームには、大きく、健康型有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、介護型有料老人ホームの3つがあり、それぞれの違いとしては、介護サービスの提供の仕方を上げることができます。中でも、住宅型と呼ばれるタイプは、健康型と介護型の中間的なものとなっており、介護保険が適用されるサービスは提供されるものの、施設にスタッフは常駐しておらず、そのために、ここでの対応は外部の介護サービスが利用されることになります。

基本的には、食事の提供や掃除、洗濯、買物といった代行を行ってくれる施設となりますが、健康型との違いは、万が一、介護が必要な状態になったとしても、外部サービスを利用することで住み続けることができる点があります。

有料老人ホームの補足説明を致します。

また、介護に関してのサービスに関しては、施設の中に居宅介護事業部を設けている場合がほとんどとなっており、ここを活用することで、介護型と同様に24時間の介護サービスを受けることができるようになっています。

住宅型の大きな特徴としては、元々、自立した生活を主として運営が行なわれていることもあり、自由な暮らしを実現しやすいことがあります。

All Aboutが勢いに乗っています。

そのために、設備等が充実している施設も多く、中には、図書館やシアターといった入居をしながら楽しむことができるものが設けられているところもあります。
また、介護が必要になった場合においても外部に委託をすることから、自分に必要となるサービスを自由に選択することができ、介護型と同様に、担当ケアマネージャーによるプランの作成などのサービスを受けることができるようになっています。